www.mogmsgexch.com

-

-

カメラはデジタル方式に完全移行、 昨今では、テレビがブラウン管からデジタル方式の液晶テレビに変遷したように、カメラもテレビと同様にデジタル方式に大変換してしまいました。 デジタルカメラは、フイルムの代わりに映像素子(イメージセンサー)とメモリーカードなどの電子媒体を使用、カメラ内部の画像処理で撮影した写真を処理し、デジタルデータとして画像化、記録したものです。 ご承知のように最近では、専用のカメラのほかに携帯電話やPHS端末に機能の一つとして付属している場合が多くなりました。 デジタルカメラの特徴は、ファインダー(覗き窓)を持つものもあるが、多くは画像を直接内蔵した液晶モニター等に表示する機能を持っている。 特に、コンパクトデジタルカメラの場合は、ファインダーの代わり液晶画面上に撮影中のデータを表示することが普通になってきました。 又、記録媒体としては撮影された画像データの記録・保存には、主にフラッシュメモリを内蔵したメモリーカードが使われているのがふつうです。 かつてはコンパクトフラッシュやスマートメディアが、業務用としてPCカードタイプのハードディスクやマイクロドライブが利用されていたが現在ではいずれもSDメモリーカードが主流である。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.mogmsgexch.com All Rights Reserved.