契約者と被保険者と受取人が異なる死亡保険の税金はどうなるの?

-

-

夫・妻・子の3人家族で、妻である私が被保険者の死亡保険を、夫が契約者となって、 子どもを受取人にしようと相談していました。溝の口脱毛

契約者は一家の主である夫で、私に万が一のことがあった場合に、 少しでも子どもに残そうと考えたからです。アイフル増額

でも、その方法には注意すべき点がありますと保険の営業さんに教えてもらいました。ゼファルリン

契約者と被保険者と受取人がそれぞれ異なる場合、死亡保険金にかかる税金は、 贈与税になるというのです。アイキララ 効果

夫の財産を、子どもに譲る、という考え方だそうです。abcクリニック大宮

贈与税は、死亡保険金から基礎控除額110万円を差し引き、所定の率と控除額を用いて 算出するのですが、相続税に比べると高額になってしまいます。お金を借りたい

やはり相続税にしたほうが税金を抑えることが可能です。キレイモ川崎

私(妻)が被保険者ならば、契約者も私(妻)にして、受取人を子どもにするわけです。住宅ローン審査の甘い銀行はある?【審査が通らない方必見】

これならば相続税として子どもに託すことが出来ます。ミュゼ秋葉原

ちなみに相続税にすると、死亡保険金の控除で500万円×法定相続人(2人)=1,000万円が非課税金額となりますので、一目瞭然で贈与税よりもお得ですよね。プロミス金利

子どものためにと思い考えたことが裏目に出る前に気付いて本当に助かりました。


Site Menu

Copyright © 2000 www.mogmsgexch.com All Rights Reserved.